Seeeduino XIAO

非常に小さいマイコンボード です。(SDカードより小さい。。。)
ちなみに「XIAO(シャオ)」とは中国語で小さいという意味だそうです。

Arduino互換となっていますが、実際にはかなり違います。
現在、一番スタンダードなArduino UNOと比較してみました。
クロック:UNO 16MHz / XIAO 48MHz  (4倍)
RAM容量:UNO 2kB / XIAO 32kB   (16倍)
プログラム容量:UNO 32kB / XIAO 256kB  (8倍)
となっていて、性能的にはXIAOの方が、大きく勝っています。
価格もUNOが2000円前後なのに対して、XIAOは560円(秋月電子通商)と非常に安いです。
デメリットとしては、ピン数が少ない(UNO 20本 / XIAO 11本)、タイマーが使えないことなどがあります。
また、動作電圧はUNOが5Vに対してXIAOが3.3Vなので、センサーや液晶などをつなぐ場合は注意が必要です。
プログラムの開発はUNOと同じ環境が使えるので(設定などは必要ですが)、共通のライブラリが使えます。(一部例外あります。)

ただ、このままでは使いにくいので、このような基板を作りました。

しばらくは、これで勉強してみようと思います。

  • いいね! (2)

返信を残す